So-net無料ブログ作成
リフォーム-外溝 ブログトップ

レンガ敷きのこみち その後 [リフォーム-外溝]

去年、庭にレンガ敷きのこみちを作ったのですが、1年経ってこんな感じになりました。

CA392217.jpg

若干でこぼこ感はあるのですが、基本的にこの道を通って散策できるほど庭が広いわけではないし、
庭に奥行きをもたせたかっただけなので、良い雰囲気になったな~と我ながら感心しています(笑)

ちなみに、少し途切れていますが、左側の小さなスペースで家庭菜園をしていまして、
ただいま青梗菜の双葉が生えています♪

本当は、この小道の奥にあるブロック塀が味気ないので、何かしたいな~という気持ちもあるのですが、大がかりになりそうなので・・・今のところはこのままで。

いつか時間に余裕ができたらチャレンジしたいな~。


nice!(1)  コメント(0) 

庭の整理 [リフォーム-外溝]

とうとう手をつけました^^
我が家の庭。

まずは、雨が降ると庭から駐車場へと水が流れたり、
庭の泥はねが車につくことを解消するために、
庭にあらためて土留めをすることから。

CA391910.jpg

向かって右側が駐車場で左が庭なんですね。
駐車場と庭にかなりの段差があるのです・・・。

どんな土留めにしようかなと悩んだのですが、庭に敷くレンガを多めに買い、
それを土留めとして使用しました。

CA391911.jpg

こんな感じで一応、わざと高さを違えてみました。
これは、短時間でできたのですが問題は庭の小径。

先に、レンガを敷くための土を掘ってしまったのですが・・・
順序が違っていたようで(汗)。

このページを参考にして、再度レンガを仮置きして挑戦。

広さは、だいたい100cm×150cm程度。
レンガを約50個使いました。

あらめて、土を掘りなおして、木片を使い表面をなんとなく平らに。
この時点で、かなり疲労が・・・。

そして、次に下地になる砂をまき、再度木片を使い表面を平らに。
とはいえ、いまいち平らになってない気がする・・・。
というか下地の砂の量が少なかったのかも。

桂砂の袋にはレンガ100個で10Kgが目安と書いてあったんですが、
それはあくまで目地を埋めるためであり、砂決め工法の場合の下地は、
そんな量じゃ足りなかったんですよね。

ちなみに、それほど人が頻繁に歩く場所ではないので、
我が家は砂は桂砂ではなく 普通の砂を使いましたが(笑)

たぶん、2~3cmを砂の下地にするためには20kgあったほうが良かったのかもしれません。

で、ちょっと平らじゃないかもなぁ~と思いながらも、
レンガを並べることにしました。

1個ずつ置きながら、隣と高さが合っているか凸凹感が気にならないか
手のひらを使って下地の調整をしながら、置きます。

本当は、水平器というもので、そういった部分を確認しながらやるのがベスト
らしいのですが、ここも省略。

で、全て敷き終って目地に砂を埋め込む前に一度、置いたレンガの上を歩き、
凸凹感が気になるところを修正しました。
前後に歩いてみると、やっぱり「あれ?」とつまずく感じがするところがあるんですよね。

いくつか細かい部分を修正して、レンガが半分ほど埋まるほど砂を巻き、
最後に庭の土をレンガの上にドサッとかけ、手で土を払い完成です(笑)

CA391913.jpg

道を作った際に出た土は、もともと気になっていた庭の凸凹した部分に使ったのですが、
それでもあまったので、土嚢袋に入れて、今後補修(?)する時や、
植栽の際に使おうかなぁと・・・。

それにしても、かなりなんちゃって状態なので、
今後雨が降った後に、どうなるかが気になるところです^^;


nice!(3)  コメント(3) 

そろそろ、庭をどうにかしないと [リフォーム-外溝]

タイトル通り、「そろそろ、庭をどうにかしないと」という感じです。

とりあえず、1年が経ってどこに何が生えるのかを把握したので、
残したいものは、その場所を避ける形で庭作りをしていこうかと。

まずは、それほど大きな庭ではありませんが小径を作りたいと思っています。

何を敷こうかと、いろいろと考えたのですが・・・

 

・枕木
⇒雰囲気は良いけれど、比較的腐らないタイプの木でないとシロアリの巣窟になる可能性あり。
 防腐剤はあまり体に良くないらしいし、良い木を買おうとすると高いしなぁ~で断念。

・ 石
⇒純和風色が強くなりすぎる感じがするのと、予算オーバーしそうなので辞める。

・レンガ
⇒色や種類も豊富で、アンティークっぽいタイプだと、ナチュラルガーデン風になりそう。
 それと予算的にも、まあいけるかなと。

ということで、とりあえず「砂ぎめ工法」というやり方で、レンガを敷くことにしました。
昨日は、レンガを敷きたい場所を鍬で掘る作業を。

 CA391905.jpg

これが、何も手をつけていない庭の様子。

CA391906.jpg

そして、レンガを敷きたい箇所を掘ったところ。

なんだか光の加減で、いまいち伝わらない!?(汗)

それにしても、この庭。
今でこそ、写真ではスッキリしたふうに見えますが、
以前は、かなり鬱蒼とした感じで木々が生えていたので、
土を掘っている時も、今生えている木の根なのか?

はたまた、すでに撤去した木の根のなのか?
やたらと土の中から根が出てくるんですよね・・・。

これで、今日は筋肉痛です(><)

ちなみに庭は、雨が溜まらないように軽く傾斜がついているということと、
リフォーム後に庭の1/3をカーポートにするため、少し手を入れているので
地面が若干凸凹してるんですよね・・・。

だから、次の週末にレンガを購入したら、タコ糸を使って水平をとる作業を
きちんとしないと、なのです。

日曜は、ここでおしまい。
続きは、今週末です!

晴れてください~。


nice!(3)  コメント(0) 

庭にすごく釘が埋まってるんですが・・・ [リフォーム-外溝]

全面リフォームをしたので、仕方がないといえば仕方がないのですが・・・。

雪が解けた後に、庭で古い釘やガラスの破片などを見つけて、見つけたら随時拾っていたのですが
最近、庭をいじり始めたら「実はかなり釘が庭の土に埋もれている」ということに気づきました。

当初「まさか、前の持ち主がワザとやった?」などと思ったのですが、
ネット検索しても「庭に釘を埋めると良い」なんてものは1つも出てこず・・・。
というより、むしろ植物が弱るから取り除いたほうが良いといった内容です。

まぁ、リフォーム作業中にどうしても落ちてしまうというのはあると思うんですよね。

ただ、あまりにも土を掘っていると釘やらが出てくるので
もう気になって気になって・・・(笑)

ここ数日は時間があると、庭をほじるという作業をしてしまっています。
あぁ~~~~、おかげで腰が痛い(汗)

ちなみに、現時点で両手にこんもり乗る×2ぐらいの量を発見していると思われます。


我が家の庭 [リフォーム-外溝]

もともと、売り家だったものを全面リフォームした我が家なのですが
リフォームができあがるまで、基本的に埼玉での生活だったため
庭にどんな植物が植えてあるか?というのを、あまり知らなかったんです。

木は通年はえているので、なんとなーく分かるのですが
草花は咲いている時期に、たまたま見に来ていたら分かるかな?程度で・・・。

冬場は大雪が降ったため、庭いじりは春になってからだと思っていたんですが
寒い日が続いたので、GW少し前からようやくとりかかることに!

実は、庭には結構大きい木が何本かうっそうとしていたのですが
リフォーム最中に邪魔というのと、最終的に何本かは切ってしまおうと
考えていたため、業者に「数本、適当に切ってしまっていいですよ」と言ったら
思った以上にスッキリしてしまい・・・ちょっとビックリ(汗)

それも、根っこが残った状態だから、何か植えるにしても
根っこが邪魔で、結局それをどうにかしなければ・・・ということになったんですよね。

で、とりあえず大きなスコップで根っこ掘りを開始。
4~5個、大きいのを掘り返してようやく友達からもらったブルーベリーを地植えしました。

P1060034.jpg

気づいたら、もう実っぽくなってます♪ 楽しみ~~~^^

そして、まだまだ庭いじりは続行中なのですが、とりあえずシバザクラも植えました!

P1060033.jpg

今年は小さいけれど、年々増えて良い感じになればなぁ~と思っているんですが
どうでしょうね!?

また、冬場は眠っていた花がにょきにょき地面から出てきたんです(笑)
これは前の持ち主が植えたものですね・・・。

引越しが冬だったので、当時の庭は閑散としていたのですが。

P1060035.jpg

P1060036.jpg

上の写真はすずらんです。これがすごい数なんですよ~(笑)
当初、芽が生えていているのを知らずに、地ならししたタイミングで
スコップで先っぽを傷つけてしまったので一部の葉っぱの先端がシワシワしてるんですが・・。

下の写真は、芍薬です。
花はもう少し先みたいですが、すごくきれいな花なので
咲くのが楽しみなんですよね~。

CA391478.jpg

庭で一番大きい木が、この紅葉。
かなり赤くて、下から見上げると青空と少し透けた赤色の葉っぱがすごくキレイなんですよね。
近所に住むおばあちゃん達も「この紅葉はきれいですね~」と。

※庭いじりをしていると、なぜか近所のおばあちゃん達が寄ってきます(笑)

また、この家は他に小庭があって、そこはまだまやることがいっぱいなのですが
昨日、梅の木をいじっていたら実がなっているのを発見!

P1060038.jpg

でも、この梅の木・・・。もう何年も手入れされいないから、すごい事になってるんですよね^^;

とりあえず、実はもったいないけれど来年のために少し切らなければ、なのです。

さらに、夏近くになると、また発見がありそうなので
とりあえず1年をかけて、どんな庭にするか考えながら作っていこうかなぁ
と思案している最中です。


消雪パイプについて [リフォーム-外溝]

2009年12月にリフォームした家が完成し、
埼玉から新潟県新発田市に引っ越してきたのですが
引っ越してくるなり、いきなりの大雪・・・。

長靴もなければ、ママさんダンプという代物も持ってない

という、まったく雪国仕様ではなかったんですね。
だから、道具を買わなければ・・・という事になったんですが
それのためには車を出さなければいけないのです。

しかし、その時点でまだ車庫らしきものはできておらず、屋根のない所に
車をとめていたので、持っていたスコップで雪かき・・・。

さらに、前の住人が使っていたであろう消雪パイプのポンプが壊れていたので
ポンプは処分してもらい、井戸のパイプも埋めてしまったんですね。

そうしたところ、雪かきした雪をどこに捨てるのか?という問題が浮上。
実は、この家の基礎は30~40cmほど地面より高く積まれていて
雪が捨てられる箇所が家の後ろの用水路のみなのですが、
そこへの通路が全く敷地内にないのです!!

それでようやく、以前住んでいた方が消雪パイプを必要とした理由が分かり
やっぱり消雪パイプはつけなければ!ということになったのです。

今日、家を建てていただいた業者の方が来て、
井戸の場所をたぐってくれ、水がまだ枯れていない!ということが分かりました。
ふぅ、よかった!

家の目の前に大きな道路があって、消雪パイプで雪を溶かしてくれる家は
まったく気にすることはないのですが、そうでない場合は

・雪かきした雪をどこに捨てるのか?
・捨てる場所がなければ消雪パイプで溶かすしかない

というふうに考える必要があるんだなぁ・・・と実感。
いきなり雪国暮らしになった方は、こういったこともチェック項目として考える必要があります。


リフォーム-外溝 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。