So-net無料ブログ作成
検索選択
駅・公園など ブログトップ
前の10件 | -

剣龍峡 [駅・公園など]

いまのシーズンといえば、紅葉ですよね。
新発田市内の近いところでも紅葉が楽しめると聞いて、11/5に月岡~赤谷に抜ける山道をドライブしてきました。

入口にある剣龍峡を見て、その後グルッと「真木山」を走るコースです。

まず、剣龍峡の入口なのですが、カーナビでは出てこないんですよね・・・^^;

新発田市街地から290号線を月岡へ走ると、「マミヤ」という工場があるんですが、
そこを過ぎた後にGoogleMapで見ると「荒川集落排水処理場」という二股の道を左に入ってしばらくすると
「剣龍峡 左矢印」の看板が出てきます。

そこで始めて、「お!ここか」って感じなんですよ。分かりづらい・・・。


大きな地図で見る

そこからは道なりの一本道なので、分かりやすいです。

少し走ると剣龍峡に辿り着きます。

DSC_0156.jpg

DSC_0163.jpg

剣龍峡のある位置は、真木山の北側のせいなのか紅葉というより、かなり落ち葉の状態でした。
とはいえ、自然と岩肌が丸くなって不思議な形になっている川の流れが面白いです。

ちょっとしたバーベキュー場もありました・・・が、あれは使われているのだろうか!?という雰囲気でしたけど。

しばらく剣龍峡を堪能した後に、さらに上へ進んだら真木山の見晴らしの良い場所へと出ます。
ここは登山道入口があるとのことで、ちょうどお昼頃に通過したら、登山をした後と思われるおじさん達がお昼を食べていました。
そして、その付近には野生のサルが・・・(笑)

さらに先へ行くと、今度は下りでどんどんと紅葉がキレイになっていきます。

DSC_0196.jpg

中々山から赤谷へと抜ける道のほうが、昼間日差しがたっぷりとあたるせいなのか色づきがキレイでしたね~。
まあ、それだけでなく生えている木の種類も違うんじゃないかと、ダンナは言っていましたが。

と、だいたい小1時間ぐらいでしょうか。

ちなみに、道は狭いですが、あまりメジャーじゃないのか、道は全然といっていいほど混んでいません。
近所の人かな?と思しき人が、おにぎりを持って頂上付近の駐車スペースで紅葉を眺めながらお昼を食べている姿を2~3見かける程度です。

近場で紅葉を楽しむには、ちょうど良い場所だなと思いました^^


nice!(3)  コメント(0) 

奥胎内 [駅・公園など]

また少し前の話に戻りますが、10/30に米粉フェスタへ行った後、奥胎内まで足を伸ばしました。

胎内スキー場の奥が、いわゆる奥胎内と言われるエリアで、この時期もう紅葉が始まっているとのことだったので、
奥胎内ヒュッテを目指しドライブです。

途中の道はかなり狭く、すれ違いがしづらいぐらいの道幅を約15分ほど走るとダムが見えてきます。
そのあたりまでくると、紅葉はかなりキレイな状態だったのですが、ダムから先は比較的道が広めになってきて、
少し走ると終点「奥胎内ヒュッテ」に到着。

この日は、生憎の雨でしたが意外と車がいて驚きました。

DSC_0211.jpg

ここはホテル?山荘?のようなのですが、日帰り風呂もあり、中へはご自由にどうぞとのことだったので、
とりあえず中へ入ってみることに・・・。

入口の奥にはレストランがあり、そこのテラスからの紅葉もとても素敵だったのでレストランへ入ってみました。

ちなみに、テラスはレストランで食事をしなくとも自由に行き来できるそうです。

DSC_0212.jpg

そのテラスから見た景色がこちら。
川の水が澄んでいて、とっても綺麗ですよね~。

なお、こちらのレストランは午後2時には閉まってしまうみたいです。とはいえ、レストランが閉まっていてもテラスでの見学はできますと言っていました。

そして、売店ですごい物を発見!

DSC_0215.jpg

毛皮の腰巻です。
胎内市にある毛皮のなめしをやっている会社の委託販売品のようなのですが・・・。

熊やアライグマの毛皮のようです。ちなみにお値段15,000円ほど。
我が家は買ってません・・・^^; こっそり写真だけ。

なお、奥胎内ヒュッテは年内の営業は11月中旬までとのこと。
それ以降は雪の心配があるからなのでしょうか!?

明日から、また気温がグンと下がるみたいだし・・・もう冬も近いのかなぁと思ってしまいます。


nice!(3)  コメント(0) 

[市外編]網代浜海水浴場 @聖籠町 [駅・公園など]

新発田の市街地から程近い海水浴場はいくつかあるのですが、その中のひとつ聖籠町にある「網代浜」へと8月中旬に行ってきました。

台風12号が去った今日は、ずいぶんと涼しくなりましたが、この網代浜に行った時はまだまだ海はシーズン真っ最中。
そのせいか、海に沈む夕陽を見に行った時刻・・・夕方6時30分頃でも海に入っている人がまだいました。

網代浜へ行って、まず驚いたのは、結構近くにコンテナがあることです。
確かに地図で見ると、すぐ近くに東港といって石油関係のコンテナがたくさんある工業港があるのは知ってたんですが、海水浴場のすぐ付近にあるとは^^;

P1070770.jpg

ちなみに、県道203号線を走っていくと「網代浜」という信号があり、それを直進しても網代浜へと着くのですが、住宅街へと入ってしまい結構道がクネクネしてるんですね。

なので、「網代浜」の信号を左折し国道113号に入り、最初の信号を右折すると広い道路で、網代浜の新しい駐車場へすんなりと入れることが分かりました。

なお、この新しい駐車場には公衆イレが設置されていました。※一応、浜辺にも簡易トイレは設けてありましたが・・・。

ただ、紫雲寺にある藤塚浜は屋外の無料シャワーも設置されているんで、設備的には藤塚浜のほうが良いかもねとダンナと話しをしていました。

【情報】
網代浜海水浴場
聖籠町網代浜1612番地地先
駐車場無料
公衆トイレあり

【MAP】

大きな地図で見る


nice!(3)  コメント(2) 

オニバスを見てきました @福島潟 [駅・公園など]

新潟市北区に福島潟という場所があるのですが、そこで北限のオニバスがこの時期見れるとのことだったので、行ってきました。

今はちょうどシーズン真っ盛りのようで、9月中旬頃まで見れるそうです。

とりあえず、あまり詳しい場所を知らずに福島潟にある「水の駅」という建物沿いにある駐車場へ車を停めて、潟来亭という茅葺屋根のある公園の方向へと歩いていったのですが・・・。

なぜだか、全然オニバスらしき物が見えないんです。
おかしいな~と思い、いったん水の駅へ戻り、場所を聞いてみたところ。

な、なんと!

オニバスが見れる場所は、潟沿いのほぼ反対側のようなんですね。
ちなみに、水の駅から車で5分ほど走ったところです。

CA392026.jpg

そこでは、池のような場所にオニバスがびっしりと咲いていました。

CA3920230.jpg

CA392025.jpg

これが葉の裏側です。少しトゲっぽいものがあり、触るとチクチクします。

なお、オニバスの花は早朝開花してお昼過ぎには閉じ始めるようなんですね。
それを知らなかったので、行ったのは午後2時頃。

結構人がいましたが、もし見に行く場合は午前中がおすすめです!

CA392027.jpg

こちらがオニバスの花。

葉の雰囲気から想像すると、なんとなく花は臭いのかな~って思ったんですが、香りを嗅ぐとフルーツのような甘い香りがするんですよね。

この時期は最盛期のせいか、案内をしてくれる人が1人いて、先ほどの写真にあった葉の裏側や花の香りをかがせてくれます。

【場所】
福島潟散策マップを参考にしてください↓

http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/images/parkmap.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

弥彦山スカイライン [駅・公園など]

弥彦神社のあと、今度は弥彦山の頂上を目指そうということで弥彦山スカイラインを使い頂上へと行きました。

頂上は観光バスなども数台いて、駐車場はかなり混雑した状態・・・。すごいな~。

真夏でもなければ、弥彦山を少し歩くのですが、
すでに弥彦神社の散策で体力を消耗してしまっていたこともあり(笑)

頂上の風にあたりながら景色を眺める程度で終了です。

ちなみに、帰り道にパラグライダー用の発射台?のようなものがあり、
そこから見える海岸が頂上よりもよく見えたので写真撮影

この日は暑かったこともあり、海にはマリンスポーツを楽しんでいるであろう白波が見えます。

P1070730.JPG

ここでパラグライダーをしたら、さぞ景色がいいんだろうな~と思いつつも、
この台から最初に飛び立つ勇気があるか・・・?と思えば、ちょっと難しいかも(笑)

そして、次にパンダ焼きで有名な分水堂へと向かいます。


nice!(3)  コメント(2) 

大天城公園 で ほたる鑑賞 [駅・公園など]

新発田市内でホタルを見れるところがあるようだから行ってみよう、
という話になり、加治の駅付近にある「大天城公園」へと行ってきました。

本当であれば、ドシャ降りが続いた先週の6/23~6/25の間には
この公園でコンサートなどのイベントもあったらしいのですが・・・。

まぁ、当然のことながら物凄い雨だったのでコンサートは中止となり、
ようやく雨がやんだ昨日(6/29)にいってみました。

ちなみに、ほたるが見やすい日というのがあるようで、
曇っていて風が強くない日がベストなんだそうです。(テレビで聞きました)

もう、そろそろ真っ暗くなるかなぁ~という感じの夜7:30頃出発し、
公園に着いたときにはあたりは真っ暗。

どっちへ行ったらホタルがいるの~?

という状態だったんですが、駐車場の奥へ行くとなんとなく人の気配が・・・。
とりあえず、右の道へと進んでみたところ「ほたる舞道」という標識が。

フラッシュなどの光が、あまりホタルに良くないとのことだったので・・・恐ろしい写真に(笑)

P1070687.jpg

なるほど、やっぱり方向はあっていたのね、と少し進むと数匹の蛍が舞っています!

おぉ~。ホタルがいた~!!!

と、またズンズン奥へと行くと10人ほどの人達がホタルを見ていました。
ものすごい数のホタルとはいかなかったんですが、10匹以上のホタルがフワフワ~と飛んでいる姿は、やっぱり幻想的♪

一応、カメラを持っていたもののコンパクトデジカメなため、やっぱりホタル撮影は難しく・・・。

P1070697.jpg

頑張って撮っても、こんな状態に(汗)

カメラを持ってきている人も多数いましたが、みなさん三脚付きで一眼レフの本格的なものばかり・・・。
あははは・・・・。

ちなみに、動画でもチャレンジしてみたんですが。
やっぱりイマイチ(笑)

ある程度、ホタルを堪能して帰るか・・・と思いつつも、もう片方の道へも行ってみよう
と足を向けてみたところ、駐車場から向かって左側の道も、また思った以上にホタルがいました。

遠くの山の方にも、ホタルの明かりが見えて、なんともステキな感じなのです。

もう何十年ぶりだろう・・・というぐらいで見たホタルは、本当に心が洗われました。

【情報】
大天城公園
新発田市住田547-1
駐車場あり(無料)

【MAP】

大きな地図で見る


nice!(2)  コメント(0) 

[市外編]鷹ノ巣キャンプ場 @関川村 [駅・公園など]

そば屋へ行った続きです。

その日は、午後からあいにくの雨で、蕎麦を食べている時も雨はシトシトと降り続き・・・。

「雨の中、カタクリを見て楽しいのだろうか?」

という疑問もありつつも、せっかくここまで来たんだし・・・
という気持ちもありで、とりあえず鷹ノ巣キャンプ場へと向かいました。

ちなみに、ナビで名称検索したら最初なぜか「高瀬温泉」の真ん中を設定したので、
おかしいと思い、再設定。
そして無事、鷹ノ巣キャンプ場入口へと到着。

駐車場の脇にある、釣り橋を渡るとキャンプ場がある・・・とのこと。

とはいえ、つり橋のあたりに見えるのは「鷹の巣館」という旅館
お部屋の素敵なベランダだけ・・・。
本当にキャンプ場があるのかな?と思いつつ、傘を差してつり橋を渡り奥へと行ってみました。

P1070570.jpg

すると、確かにキャンプ場らしきものが見えてきたんですね。
そして案内図を見ると、カタクリの群生地は少し先にあるらしい。

なんだか、スニーカーも濡れてきたしなぁ~と思いつつ、先へと進み5分ほど歩いたあたりに、
らしきものが!!

確かに、斜面いっぱいにカタクリが咲いていました。

P1070569.jpg

でも・・・

当日は雨のせいで、花が全て下を向いています(TT)
なんだか悲しい・・・。あの凛とした花の姿じゃないんですよね。

とはいえ、一応見たぞ!ということで、帰りました(笑)

【情報】
鷹ノ巣キャンプ場
新潟県岩船郡関川村大字鷹ノ巣温泉(のあたり・・・)

【MAP】

大きな地図で見る


nice!(3)  コメント(0) 

大峰山(橡平サクラ樹林) [駅・公園など]

本当は、昨日大峰山の麓にある桜公園にて「さくらまつり」というものをやっていたので、
天気がよければ4/29に行こうかなと思ってたんですが、天気予報によると雨・・・。

それで、4/30に大峰山へと行って来ました。

とはいえ、当初の予報は晴れだったのに当日になって雨マーク。

午前9時頃に、桜公園付近に車を停めて「橡平サクラ樹林」の眺めが良いとされる
「一本松展望台」まで、約40分ほどかけて歩きました。

途中までは舗装された道だったんですが、大峰山登山口からは未舗装の道。
おまけに、昨日雨が降っていたせいで、道はぬかるんでいる。。。

健康のためにと買った唯一のスニーカーEASY TONE」が!
どんどん泥だらけに・・・(;;) 悲しい・・・

40分ほど歩くと、かなり良い運動になります。
登山道口には、桜の枝であろう杖(?)も置いてありました。
個人的には、登り下りの大変さより足元の悪さのほうが気になりましたかねぇ。

ようやく一本松展望台に来たのですが、まだ少し見ごろには早かったようです。

P1070547.jpg

最近、案外と寒い日が続くので、もしかしたら見ごろは1週間後ぐらいかなぁ~
とダンナと話してました。

とはいえ、そろそろ見ごろだろうと私達と同じように考えて山を登ってくる人が結構います。
この一本松展望台で、私達はUターンして帰ってきたんですが、
あと15分歩けば山頂とのことなので、ハイキングがてらグルッと山を歩いている人もいるんでしょうね。

でも、今日は昼頃から雨が結構降ってきてしまったので、
それこそ櫛形山脈のほうまで行った人は大変だろうな~と思ってしまいました。

P1070553.jpg

ちなみに、こちら大峰山登山道口の様子です。

帰りに、麓の桜公園の桜を見て帰りました。
ここでは、さまざまな種類の桜が植えられているので、
満開のものもあれば葉桜のものも・・・とさまざまです。

P1070555.jpg

GW中に、もし時間があったら再度見に行ってみようか~と。

場所等は、過去のブログにありますのでこちらをどうぞ。


nice!(2)  コメント(0) 

[市外編]水の公園 福島潟 [駅・公園など]

春の桜の季節になると、この福島潟では一面に菜の花が咲きます。
この菜の花畑が結構有名で、日曜に行ったのですが、駐車場は結構埋まっていました。

この日は、日は差していたけれど、空は雲が少しかかっていたので、
写真にすると、ちょっと暗くなってしまいました・・・^^;

P1070520.jpg

遠くに見える山は五頭連峰(ごずれんぽう)だそうです。
晴れていると、もっとキレイに見えるんだろうな~。

この菜の花畑の中を歩き、福島潟の大きな池(?)周辺を歩きつつ、
「カモウチ小屋」と名前のついている、ワラで作ったであろう小屋まで行って帰る
という、ちょっとした散歩をしました。

でも、本気で歩こうと思ったら、かなり大変かも・・・!?
というぐらい、結構広いです。ここは。

ちなみに、キャンプ場まであって、バーベキューのできる場所の設備までありました。

ちょこちょこ、ここではイベントを開催しているので、
子供のいる家族は良い遊び場になる気がします。

そうそう・・・。

P1070525.jpg

こんなポストがありました。

潟想い・・・片想い・・・。このポストにラブレターを投函したら、片想いで終わっちゃいそうですよね・・・。

なお、この公園には、天辺が大きくて足の部分が細いという「ビュー福島潟」という
目立つ建物があるので、近くにくるとすぐに場所が分かりますよ。

【情報】
水の公園 福島潟
新潟県新潟市北区前新田乙493
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/index.html

【MAP】


大きな地図で見る


大きな地図で見る


nice!(3)  コメント(0) 

加治川治水記念公園 [駅・公園など]

桜の季節ということで、その昔はすごかったらしい加治川の桜を見に行きました。

加治川治水記念公園を目指して行ったんですが、県道3号線の途中に「ゆうきの里」 という看板があるあたり
地図では新潟農業総合研究所となっていますが)に、車がいっぱい停まっていたので
そこに駐車をして遊歩道を歩きながら、治水公園へ向かうことに。

P1070506.jpg

この川沿いの遊歩道の両側には、見ごたえのある桜が並んでいて、
車も走っていないので、のんびりと桜を見ることができました。

そして、10分ほど歩くと公園へ。

数組、お花見をしている団体がいましたが、今年はそれほど賑やかではないのかな?
案外とひっそりとしている雰囲気でした。

P1070511.jpg

公園内にある、水門です。

これは、もう使っていない雰囲気・・・。とはいえ、桜と一緒の景色が良い感じです。
加治川の土手にも、桜は咲いていますが、実際に桜を楽しむには
遊歩道をのんびりと歩いたほうが、見ごたえがあって良いかもしれません。

昔の6000本ほど桜が咲いていた加治川の土手を復興しようということで、
植樹を少しずつやっているらしいですが、加治川の川自体が広いので、
まだまだといった感じでした。

ちなみに、この付近はレンギョウもかなり咲いているということで有名で
県道3号線を車で走っていると、それぞれの民家にレンギョウが植えられていて
レンギョウ街道という名前がついているようです。

なお、レンギョウ街道は「真野原外」という信号を渡って加治川を越した後に
「稲荷岡」という信号があるのですが、その辺りまでです。

今はちょうど満開なのに、この週末は雨というのが残念ですね・・・。

【情報】
加治川治水記念公園
新潟県新発田市真野原463-1

【MAP】


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


nice!(4)  コメント(0) 
前の10件 | - 駅・公園など ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。